様々なローンを有効に活用し生活に彩りを添えよう〜生活応援団〜

早めの相談

模型

ローンの滞納で起きること

住宅ローンを数ヶ月間という長期にわたって滞納した場合には、債権者である銀行などの金融機関から、滞納に関する督促状や催告状が届くはずです。その時点で住宅ローンの支払いをすることが出来た場合は良いのですが、そのような書類が手元に届いてもなお、住宅ローンの滞納をしているという場合には、いずれ住宅ローンの一括返済を求められる可能性があります。それが出来ないという場合には、住宅を売却するなどして借金の返済を求める事になります。不良債権になった場合には、住宅は競売にかけられる事になります。 最近は、経済状況の悪化や債務者の高齢化などの理由により、ローンを滞納する人が増えてきているという調査結果もあるようです。

相談するべき所について

住宅を失うということは、生活の基盤が無くなると言っても過言ではありません。そのような事を防ぐために、専門の機関に相談するようにしましょう。 まず、最初に相談するべき所としては、ローン契約をしている金融機関です。支払い方法や支払金額の変更などを行うことが出来る場合があります。支払総額は増えてしまいますが、月々の負担を減らすことが出来ます。それとあわせて、資金協力を期待できる人がいないかを探します。消費者金融などではなく、親類などに確認するようにしましょう。 有効な手立てが見つからないという場合には、司法書士や弁護士など法律の専門家に相談することにより、住宅を手放すこと無く、手続きを行うことが出来る場合があります。

Copyright© 2017 様々なローンを有効に活用し生活に彩りを添えよう〜生活応援団〜 All Rights Reserved.